新しいリゾートの楽しみ方|格安のホテルでも十分納得できる|旅の疲れを癒す宿
ファミリー

格安のホテルでも十分納得できる|旅の疲れを癒す宿

新しいリゾートの楽しみ方

女の人

別荘もシェアの時代

GFC(グリーンフィールドクラブ)という、今評判の宿泊メンバーシップをご存知でしょうか。自分で別荘を持つとなると、1か所がせいぜいで、管理の手間や維持コストもかかるため大変ですよね。GFCは現在主に東海・近畿・北陸にある宿泊施設を所有し、管理運営しており、会員はこれらを相互利用するというメンバーシップ宿泊システム。複数の宿泊施設を自由に何度でも利用できるのですから、とても魅力的ですね。ゴルフをしたい、スキーをしたい、マリンスポーツをしたい、など、ニーズに合わせて自分にぴったりなリゾート施設をその都度選ぶことができますし、少ない負担でオーナー気分も味わえるため、評判となっています。また、星野リゾートなど、提携の高級リゾートが特別価格で宿泊できるという特典もあります。施設は今後も開発され、増えていく予定なので注目したいです。

永久不滅の権利が魅力

GFCの大きなメリットのひとつは、会員の権利が永久不滅だということ。こちらは入会金が、パーソナル会員が190万円(会員の同伴が必要)、ファミリー会員(第一親等内5名までなら登録すれば会員の同伴なしで利用可能)で280万円が必要ですが、あとは年会費とわずかな宿泊代金だけで、いつでも利用可能です。別荘を所有すると、子供世代に譲ろうとすると相続が大変ですが、こちらですと、入会金の10%程度で譲渡ができるので、お互いの負担が少なく、良いものが残せますね。気になるGFCの評判ですが、概ね高いようです。普通のホテルではなかなか味わえない広々と快適なスペースや、上質なお食事などの評判が良いです。また、繁忙期で他のホテルなどがなかなか取れなくても、こちらに電話してみたら予約が取れた、という声もあり、予約も取りやすいようです。こちらはペットとの宿泊も可能になっていて、今まで旅行の際はペットホテルに預けていたという方も、こちらでは一緒に過ごせるため、ありがたいですね。